読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地盤改良施工写真と解説 株式会社 盛工業 http://sakari-k.co.jp/

深層混合処理工法・浅層混合処理工法・話題の環境パイル工法・鋼管圧入工法などの地盤改良工法の施工についてを説明解説していきます。

深層混合処理工法 北上市里分

北上市里分で深層混合処理工法(柱状改良)の施工を

行いました。

新規造成の分譲地になります。

 

f:id:sakari-k:20160323113305j:plain

キレイに造成されています。

 

今回は盛土について話をしたいと思います。

(今回の現場のことではありません、念のため、、、)

 

今は産業廃棄物投棄になりますので無くなりましたが、

造成業者さんによっては、アスファルトや解体ガラ、

産廃等を入れるところもありました。

 (中国や東南アジア諸国ではまだあるようです。)

 

今では産廃投棄で捕まります。(日本では)

 

f:id:sakari-k:20160323114020j:plain

 

現在では、きちんと砂や土(ズリが入ってもコブシ

くらいまで)で造成するところもあれば、

岩ズリなどの大きい石のみで造成する

ところもあります。

 

大きい石ばかりで造成しているところは、一見すれば

強そうな盤を築き上げているように見えますが、

転圧をしても締め固めの効果があまり出ないばかりか、

細粒分が無いと地盤自体が隙間だらけになるという

欠点があります。

 

地下水が流れる過程で洗われて、

ますますスカスカになり、沈下という事も十分

あり得ます。

 

f:id:sakari-k:20160323113846j:plain

 

ですから、不同沈下は、擁壁を入れた土地と

新規造成地の割合が多くなっています。

傾斜地の盛土切土の造成地が一番危険度があると

言われています。

 

 施工動画はこちら

youtu.be

 

ご質問、お問い合わせは

こちらから 

http://sakari-k.co.jp/?page=menu5

 

株式会社 盛工業(さかりこうぎょう)

http://sakari-k.co.jp/   sakari@sakari-k.com

代表取締役 浅沼 盛一

 

www.youtube.com

地盤改良施工写真と解説 株式会社 盛工業 http://sakari-k.co.jp/