読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地盤改良施工写真と解説 株式会社 盛工業 http://sakari-k.co.jp/

深層混合処理工法・浅層混合処理工法・話題の環境パイル工法・鋼管圧入工法などの地盤改良工法の施工についてを説明解説していきます。

スーパーNP-PACK工法eco 盛岡市東山

岡市東山でスーパーNP-PACK工法ecoの施工を

行いました。

この工法は、GBRC 性能証明 第12-21号

兼松日産農林(株)取得の認証工法でストレート型の

鋼管回転圧入工法になります。

主に、セメント系では強度が発現しにくい高有機質土の

地域や、盛土切土などの傾斜地、

支持地盤の傾斜している地域に適用されます。

 

f:id:sakari-k:20150729134324j:plain

 

さまざまな形状の鋼管がありますが、

スーパーNP-PACK工法では鋼管の先端の3枚の掘削刃で

回転もしくは無回転で土中に貫入していきます。

鋼管本体より掘削刃が外に出ていないため、

鋼管周辺の地盤を乱しません。

 

f:id:sakari-k:20150729134334j:plain

 

杭の建込をし、圧入していきます。

 

f:id:sakari-k:20150729140002j:plain

 

f:id:sakari-k:20150729140058j:plain

 

いや~、空がきれい、絵にかいたような青い空と白い雲。

 

杭長が長いときは、溶接にて継ぎ足して支持地盤まで

貫入します。

 

f:id:sakari-k:20150729140855j:plain

 

打ち止め管理基準は、設計支持地盤に到達し、

鋼管2cm貫入するのに、回転数が6回転以上を確認し

打ち止め可としています。

 

f:id:sakari-k:20150729141328j:plain

 

施工動画はこちらから

 

youtu.be

 

(株)盛工業 代表取締役  住宅地盤技士 浅沼 盛一

 

ご質問、お問い合わせは

こちらから 

http://sakari-k.co.jp/?page=menu5

 

 http://sakari-k.co.jp/   sakari@sakari-k.com