読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地盤改良施工写真と解説 株式会社 盛工業 http://sakari-k.co.jp/

深層混合処理工法・浅層混合処理工法・話題の環境パイル工法・鋼管圧入工法などの地盤改良工法の施工についてを説明解説していきます。

環境パイルS工法 秋田市八橋 土圧と搬入条件

秋田県秋田市八橋で環境パイルS工法の施工を

行いました。

設計長7.0m 4.0mと3.0mの地盤補強材を継ぎ足して、

打ち込みます。

 

f:id:sakari-k:20150725103431j:plain

 

近隣が近いので、十分気を付けての作業になります。

柱状改良だと、改良径が大きく周辺に土圧が

かなりかかり、擁壁や縁石等を押したり、

浮き上がらせたりというリスクが生じます。

 

f:id:sakari-k:20150725103241j:plain

 

鋼管圧入工法や環境パイル工法のような既製品を使う

工法は、径が小さく周辺にかかる土圧はゼロでは

ありませんが、柱状改良に比べると土圧は軽減されます。

 

f:id:sakari-k:20150725103221j:plain

 

作業スペースも柱状改良のような4tトラックとプラント展開スペースを必要としません。重機が動けるスペースと材料を置くスペースがあれば施工はできます。

 

もちろん、重機が入れる道路や材料を運ぶトラックが入れる道路条件が必要とされますが・・・

 

f:id:sakari-k:20150725101236j:plain

 

施工動画はこちらから

 

youtu.be

 

(株)盛工業 代表取締役  住宅地盤技士 浅沼 盛一

 

ご質問、お問い合わせは

こちらから 

http://sakari-k.co.jp/?page=menu5

 

 http://sakari-k.co.jp/   sakari@sakari-k.com